ProofLineとは

豪雨への対策

近年では気候変動により、各地で観測史上初という言葉をよく耳にするようになりました。弊社では厳しい環境に耐える製品を目指し、各種テストや開発を行っています。その中で豪雨に強いトップライトとして新製品「ProofLine-e」を開発致しました。

特徴

・ガラスポケット、及び結露受けを大幅に拡大。

・金物レスジョイント工法。

・発音防止材を標準装備。

ProofLineの最大の特徴は、業界最大クラスの保水量にあります。排水路の断面積を従来品よりガラスポケットで5倍、結露受けを3倍と大幅に拡張しました。

加えて、方立・無目接合部に金物レス化(業界初)を採用したことで排水性が向上し、ガラス周りのシール切れに強い構造を実現しました。また、熱伸びや吸収、音鳴り防止に効果を発揮する発音防止材(スライディングパット)は標準装備としています。

従来品より保水量を上げつつも、外観見付60mm・内観見付75mmとすることでガラス開口部を確保した仕様となっています。

試験データ

【JIS基準値内】

 気密試験:A-4等級

 水密試験:W-5等級(下限250Pa、中央500Pa、上限750Pa)

 耐風圧試験:S-7(3600Pa)

 遮音性能:T-3等級

 断熱性能:H-4等級

【JIS基準値外】

 水密試験:下限値500Pa、中央値1000Pa、上限値1500Pa

 耐風圧試験:6000Pa

方立ジョイントが有る場合

・段加工することにより、ガラスポケット内の水を下段に確実に運ぶ機能。シールが無くても漏らない仕様となっている。

・結露受け部には排水ガイドを設け、上段から下段へ水を確実に運ぶ。

・ジョイント部には、5㎜のアルミ材を使用し、確実にシーラーをタイトさせる。

・シーラーには耐候性に優れた、EPDM発泡シーラーを採用。

※近年紫外線劣化のしくみも解明され、ゴムの耐久年数は飛躍的に向上されており自然条件下での劣化では分解されることは無いと言われている。建材以外では、自動車産業でも採用されており耐久年数は170年以上と言われている。